肥満遺伝子

遺伝による肥満

親が太っている場合、その子供も太っていることが多いようです。これは食生活や生活の習慣などに原因がある場合が多いのですが、実は遺伝による肥満の場合もあります。
現在肥満に関係する遺伝子は約40種類ほど見つかっています。この肥満の遺伝子を受け継いでしまうと肥満になる可能性が非常に高くなってしまいます。肥満遺伝子は人種によっても異なり、日本人に多い肥満遺伝子は「β3AR」と「UCP1」の2つの遺伝子が変異したものだそうです。日本人のうち、β3ARの変異を持っている人が35%ほど、UCP1の変異を持っている人が25%ほどいると言われています。


肥満遺伝子のタイプが解ればダイエットができる

β3ARは、身体にエネルギーが必要になると脂肪を分解する働きを担う遺伝子です。しかし、このβ3ARが変異すると脂肪の分解が十分に行われなくなります。このため基礎代謝量が減少して太りやすくなってしまうのです。
UCP1は細胞中のミトコンドリアの中に存在する遺伝子です。この遺伝子の働きは、脂肪が分解された際にできる遊離脂肪酸をミトコンドリア内で燃やすというものです。しかし、このUCP1が変異すると遊離脂肪酸が燃焼されにくくなり、こちらも基礎代謝量が低下してしまいます。このため内臓脂肪が付きやすくなると言われています。

肥満の原因が遺伝子となるとどうすることもできないように思われますが、肥満遺伝子のタイプが解ればダイエットのために効率の良い食事や運動などを判断することができるようなので、諦める必要はありませんよ。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.