飲酒

お酒は肥満の原因として挙げられるものの一つですが、お酒をたくさん召し上がる方に肥満の方が多いかと言うとそうではないようです。もちろんビール腹と言う表現をするように太った方もおられますが、痩せている方もたくさんおられます。
ではなぜお酒は肥満の原因となるのでしょうか。


寝る前に摂ったカロリーは脂肪に変わりやすい

まず、お酒が肥満の原因となる理由には飲酒をする時間帯が関係しています。
仕事が終わった後お店に飲みに行ったり、自宅で晩酌をしたりします。つまりお酒を飲む時間はほとんど夜ということになります。そしてお酒を飲んだ後は寝るだけという方が多いのではないでしょうか。
ダイエットの通説として、寝る前に摂ったカロリーは脂肪に変わりやすいと言われています。夜は意識的に運動を行わない限り、消費エネルギーは昼間に比べて圧倒的に少なくなります。このためお酒を飲んだ分のカロリーは脂肪になりやすいと言うわけです。特に毎日お酒を飲まれる方は気を付けなければなりません。


おつまみでカロリー過多に

また、お酒を飲む際に欠かせないのがおつまみです。このおつまみには、鶏の唐揚げや焼き肉、チーズ、ナッツ類などカロリーの高いものが多く、どうしてもカロリー過多となりがちになります。
その上、お酒に酔うことで自制心が働かなくなり、食べ過ぎたり飲み過ぎたりすることもあります。

このようなことが理由で、飲酒は肥満の原因と言われるのです。ダイエットしたいとお思いの場合は禁酒することが望ましいと言えますが、どうしても無理な場合はお酒の量やおつまみのカロリーなどを調整するなどして自己管理をきちんと行うようにしましょう。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.