ストレス

ストレスが肥満の原因になる理由

現代社会においてほとんどの方が多かれ少なかれストレスを感じながら生活をしているのではないでしょうか。
ストレスを受けると脳は何らかのダメージを受けてしまいます。そしてそのダメージを回復させて脳の働きを正常に戻すために栄養を必要とします。脳は糖分を栄養としているので糖をたくさん摂ろうとして食欲が増してしまうのです。これが、ストレスが肥満の原因と言われている理由です。

栄養的に言っても、精神を安定させる物質であるセロトニンは肉類に多く含まれるトリプトファンが変化したもののため、ストレスを受けると精神を安定させるために肉類を多く食べたくなったりします。肉類には脂肪も多く含まれるので、食べ過ぎてしまうと肥満になると言うわけです。


ストレス太りの負のスパイラル

また、このようなストレス太りと言われるものには悪循環の作用があります。
それは、強いストレスを受けることで過食に走り、その結果として体重は増加します。そしてその体重を減らそうとして食事制限などを行いますが、脳が栄養不足を感じて糖や肉類の摂取を必要としてしまいます。するとまた過食に走るという負のスパイラルが完成してしまうと言うわけです。このような悪循環に長くはまってしまうと肥満となってしまう場合があるのです。

ストレスによる肥満を防ぐためにも、食べるということ以外にストレスの解消法を見つける必要があります。ストレス解消法をダンスやスポーツなど身体を動かすことに見いだせたら一石二鳥と言えるでしょう。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.