睡眠不足

睡眠と肥満には深い関係があるのをご存じでしょうか。アメリカの大学の研究結果でわかったことなのですが、1日の睡眠時間が4時間以下という人は、睡眠時間が7〜8時間の人と比べて73%も肥満している人が多いそうです。
これはホルモンの分泌と大きな関係があることが分かりました。


睡眠不足とホルモンの分泌

人間は色々なホルモンによって身体を維持しています。このホルモンの中にはレプチンという食欲を抑制する働きのあるホルモンとグレリンという食欲を増進させる働きのあるホルモンが存在します。
ある研究によると、1日に5時間の睡眠しか取らない人は8時間の睡眠を取っている人に比べて食欲増進ホルモンであるグレリンの分泌が15%も多く、食欲抑制ホルモンのレプチンの量は15.5%も少ないというデータが出ています。これらは男女の区別や生活環境などはまったく関係しないそうです。また、別のある研究では、睡眠を2日連続で4時間にすると10時間睡眠をとった時よりもグレリンが増加してレプチンが減少することが分かりました。
このように食欲増進ホルモンであるグレリンと食欲抑制ホルモンであるレプチンの影響が原因となって肥満になることもあると言うわけです。


睡眠が肥満の原因になるストレスを緩和

また、睡眠は肥満の原因の一つでもあるストレスを緩和させることもできます。
忙しい現代社会において毎日たっぷりの睡眠をとることは難しいことかもしれませんが、寝る前にゆったりと過ごせる時間を持つ、ゆっくりとお風呂に入るなど、できるだけ質の良い睡眠をとることができるようにすることも大切だと言えます。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.