食生活

食生活は肥満の一番の原因

人が太ってしまう原因として一番に挙げられるのが「食生活」です。食生活が乱れることで余分なカロリーをたくさん摂取してしまい、「摂取カロリー > 消費カロリー = 肥満」の図式が出来上がってしまいます。
特にファストフードやお菓子、ジュースなどには脂質や糖質が多く含まれているため、これらの食品を毎日習慣のように食べてしまうと必ず肥満になります。


食事の回数も重要

また、食事の回数も非常に重要となります。
朝食抜きなどしていませんか?朝食抜きをしている人の多くが、夕食に油ものなどの高カロリーの食事をたくさん食べています。油は消化が遅いので長い時間お腹に溜まっています。夕食後は寝るだけなので多くのカロリーを消費することはほとんどありません。特に夕食の時間が遅い場合など、朝起きてもお腹がすいていないということになります。お腹がすいていないと朝食は食べられませんよね。朝食べないと昼食や夕食の量が増えてしまうということにもなります。
また、1日に2食しか食べないとなると、中途半端な時間にお腹がすいてしまうこともあります。そんな時にお菓子をつまんでいたらあっという間に1日に必要なカロリーをオーバーしてしまいます。中には太るのが嫌だからと食事を摂らずにケーキやスナック菓子などを食べている人もいますが、この様な食生活をしているといつか健康を害することにもなります。
健康的で余分な脂肪の無い身体を作りたいのであれば、食生活を見直すことから始めなければなりません。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.