子供の肥満

子供のうちから肥満になるリスク

近年、肥満になる子供が多くなりました。あるデータによると子供の肥満は20年前と比べて10%近く増加しているとのことです。

子供のうちから肥満になると糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなると言われており、深刻な問題と考えられます。また、肥満児は運動を苦手とする子供が多く、運動能力の低下も心配されます。この他にも太っていることで容姿に自信が持てなくなったり、いじめを受けたりもします。
脂肪細胞の数は成長期に決定されるので、子供の頃に太っていた人はそうでない人と比べて脂肪細胞の数が多くなります。一度増えた脂肪細胞の数を減らすことはできませんので、大人になってから体重が増加するのを抑制するのが難しく、肥満になりやすいと言えます。


子供の肥満の原因の一番は食生活

子供の肥満の原因の一番大きなものは食生活です。
子供はファストフードやポテトチップス、コーラやジュースなど高カロリーなものを好みますが、大抵の場合親が食べ過ぎないように管理します。しかし、現代は共働きの家庭が増えたこともあってこどものおやつや間食まで親が管理しない家庭も増えました。その上、テレビゲームの普及によって外で遊ぶ時間が昔に比べて大幅に減ったことも原因と言えるでしょう。


子供の肥満の原因の一番は食生活

子供の肥満を防ぐのは親の責任です。おやつや間食を自由に食べさせないようにすることや外で遊ぶ環境を作ることも必要です。
日曜日など家族でスポーツを行うなど親が子供の健康管理を行うことが大切だと言えます



Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.