リバウンド対策

過度の食事制限を行わない

リバウンドを防ぐには、食べないダイエットのような過度の食事制限を行わないようにしなければなりません。食べないダイエットは身体に必要な栄養素を十分に取ることができないので、筋肉量が低下してしまいます。筋肉量が低下した身体は基礎代謝量も低下して太りやすい身体になっているのです。
世の中には様々なダイエット法が氾濫しており、中には1週間で5kg痩せるなどというものもあります。このようなダイエットは健康を害するだけでなく、痩せにくく太りやすい身体を作ってしまうのです。


1ヶ月に落とす体重は5%以内

ダイエットは脳にできるだけ危機感を覚えさせないように行うことが大切なのです。脳は、急激に栄養やエネルギーが入ってこなくなると本能的に身体を省エネモードにしてしまいます。これを避けるためにも1ヶ月に落とす体重は5%以内にしておくことが大切です。こうすれば脳は強い危機感を覚えることはありません。
それでも停滞期に入ることもあります。しかし停滞期はダイエットが進んでいる証拠であると考えてあまり悩み過ぎないようにしましょう。


リバウンドしにくい体重の落とし方

リバウンド対策としては、ダイエットを始めた最初の1月に落とす体重を3%から4%ほどにしておき、次のひと月では落ちた体重を維持するようにします。こうすることで脳は激しい危機感を覚えることはありません。痩せるために必要なホルモンであるレプチンも安定します。そしてまた次の月には体重の3%から4%を目安に落とすようにします。
この方法を用いればリバウンドを避けることができます。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.