正しいダイエット法

食べないダイエットとリバウンド

食べないダイエットを続けると、脳は危機感を覚えて身体を省エネモードに変換してしまいます。省エネモードとなった身体はできるだけエネルギーを消費せず、わずかなカロリーでも身体に蓄えようとします。

そして筋肉は一番エネルギーを必要とする箇所なので、脳は脂肪を使う前に筋肉量を減らそうとします。筋肉量の低下した身体は痩せにくく太りやすい身体になります。
食べないと体重は面白いように落ちていきますが、これは体脂肪だけが減ったのではなく、筋肉やその他の健康を維持するために必要なものが減ってしまったのです。

目標体重を達成したので食べないダイエットを止めて食事を元に戻すと、あっと言う間にリバウンドをしてダイエットを始める前の体重よりも増えてしまうこともあります。


正しいダイエット法を理解して健康的に痩せる

健康的に痩せたいのであれば正しいダイエット法を理解することが大切です。正しいダイエット法とは健康を損ねることなく、長期に渡って行うことのできる方法です。
短期で行うダイエットは必ず失敗します。たとえ体重が減ったとしてもそれは一時的なものでまたすぐに太ってしまうでしょう。

まずは自分がなぜ太ってしまったのかをじっくり分析してその原因となるものを取り除くところから始めましょう。
生活習慣と食生活を整えて、1日3食から5食きちんと食べます。1日の摂取カロリーは、女性なら1500キロカロリーを目安に野菜中心の食事にします。そして必ず適度な運動を併用してください。ウォーキングなどの有酸素運動とダンベルなどを用いる筋力トレーニングを行いましょう。

こうすることで必ず健康で美しい身体を作ることができます。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.