食物繊維

食物繊維は消化酵素で分解することのできない成分のことを言います。食物繊維には水溶性のものと不溶性のものの2種類があります。食物繊維自体がエネルギーとして身体に吸収されることはありません。
その食物繊維が、ダイエットを成功させる強い味方になることをご存知でしょうか。


食物繊維のダイエットにおける役割

食物繊維のダイエットにおける役割は非常に大きいものと言えます。

水溶性の食物繊維はコレステロールが吸収されるのを防ぎ、その上コレステロールを包み込んで体外に排出するという働きがあります そしてさらに血糖値の急激な上昇を防ぎます。また、大腸内に存在する善玉菌を増やす働きもあるため腸内環境を整える作用があります。

不溶性の食物繊維は水分を含むと胃の中で何倍にも膨張するため、食べ過ぎを防ぐことができます。また、不溶性の食物繊維は硬いものが多くよく噛まなければならないので、早食いを抑制することができます。この他便通を促進させたり、有害物質を体外に排出させたりする働きもあります。


食物繊維は意識して摂取する

食物繊維は1日に成人男性なら20グラム以上、成人女性は17グラム以上が摂取目標と言われています。しかし、実際にこれだけの量を摂取している人はかなり少ないようです。
食物繊維をダイエットの強い味方にするためにも意識して摂取するようにしなければならないでしょう。

水溶性の食物線を多く含む食材は、オオムギ、大豆、ごぼう、プルーンなどがあります。不溶性の食物繊維は、トウモロコシ、小豆、大豆、おから、干し柿、シイタケ、シメジなどに多く含まれています。
これらの食材を上手に利用してみてください。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.