食生活の改善

太ってしまった原因は食生活の乱れが大きく関わっています。まずは食生活を正しくすることから考えていきましょう。


食事の時間と間隔を整える

1日にきちんと3食食べていますか。朝食を抜いたりしていませんか。
食事と食事の間隔が長くなると、防衛本能によって身体はできるだけ多くのエネルギーを身体に貯蓄しようとします。

また、食事の時間もできるだけ同じ時間に食べるようにしたいものです。
夜は交感神経から副交感神経にシフトしていますので、夜に多くのカロリーを摂ってしまうと脂肪に変わりやすくなります。夕食の時間の遅い人はできるだけ早く食べるように心がけてみてください。


たくさん噛んでゆっくり食べる

食事時に、早食いになっていませんか。
脳が満腹のサインを出すのには時間が掛ります。早食いをしてしまうと満腹を感じるまでに多くのカロリーを摂取してしまうことになります。食事は1口30回を目安にたくさん噛んでゆっくり行っていください。

また、食事に際にテレビや雑誌などを見ながら食べることも止めましょう。特にスナック菓子などをつまみながらテレビなどを見るのは絶対に止めてください。
気が付くと1袋空けてしまったなんてことになりかねません。


野菜にかけるドレッシングにも気を配る

ダイエット中は野菜をできるだけ多く摂りたいものです。
しかし野菜を食べる際にオイル入りのドレッシングやマヨネーズをたっぷりかけていてはダイエットの意味がなくなります。ドレッシングやマヨネーズはノンオイルのものかカロリーハーフのものをかけ過ぎないように使いましょう。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.