生活の中に運動を取り入れる

ダイエットをして健康的できれいな身体を作るためには運動を欠かすことはできません。運動は毎日継続して行いたいものですが、仕事が忙しかったり、家事に追われていたりするとなかなか運動のための時間を作ることが難しいと言えます。そのような場合、普段の行動にちょっとした動きを加えるだけでエクササイズとすることができるのです。


具体的な運動の取り入れ方

まず、椅子に座っている時に意識するのは背もたれを使わないということです。椅子に腰を深くかけて背中を真っ直ぐに伸ばします。こうすると背筋や腹筋を鍛えることができます。
また、椅子に座った際に足が床に付かないようにすると脚の筋肉を鍛えることができます。

立っている時や階段を上がる時にかかとを上げてつま先だけにすると太ももやふくらはぎ、お尻の筋肉を鍛えることができます。

洗濯物を干すときなどもちょっと工夫してみましょう。
洗濯かごを自分の後ろに置いて、洗濯物を取る時に足を動かさず上半身だけをひねって取るようにします。こうすると腹筋や背筋が引き締まります。

床のモップがけを雑巾に変えて中腰で行うと、腕や脚の筋肉の他、腕、肩、背中も鍛えることができます。

この他にもなるべくエレベーターやエスカレーターは使わず階段を利用する、一駅前の駅で降りて歩くなど、ちょっと工夫するだけでも1日の運動量は随分増えると思われます。
常に運動することを意識して、ぜひこれらのことを生活の中に取り入れて実行してみてください。


Copyright (C) 痩せる方法オールガイド All Right Reserved.